英会話・英語教材
英会話・英語教材だけでなく、海外留学、外国旅行、駐在保険、音楽、映画、文学の話題まで、幅広く対応しています。
■送料無料■V.A. CD+DVD■【「ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男」公開記念盤Pre...
ビートルズ/フォー・セール 【CD】マイケル・ジャクソン/スリラー<2001/10/31>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英会話・英語教材トップへ
knife 発音と関係のない「K」について
knife know knock

 私は英語を習い始めたばかりのころ、knife に何故、発音とまったく関係ないが必要なのか、まったく理解できませんでした。

 日本語のカナがマトリックス(格子状)に配列されているのに対して、アルファベットは26文字、ただ羅列されているだけ。

 何とも整合性のない言語だなあ、と思ったことを覚えています。

 他のヨーロッパ言語でも、きっとそうなんだろう、と考えていました。

 フランス語にも無音のH(アッシュ)なんてのがあります。
 
 ところが、仕事でポルトガル語を覚える機会があったので、少し勉強してみたのですが、ポルトガル語では基本的に発音通りに綴るんですね。

 agua(アグア、水)

 comprrar(コンプラール、買う)

vender(ヴェンデル、売る)

bravo(ブラーボ、怒る)

 Ramos Rui(ハモス・フイ、ラモス瑠偉のポルトガル語での表記)

@ポルトガル語ではハ、ヒ、フ、ヘ、ホ
 は、それぞれ、ra,ri,ru,re,roとなります。

 また、日本語のカナはa,i.u,e,oに対応していますが、ポルトガル語では、a,e,i,o,uです。

 It’s similar.と言われました。

私はポルガル語の発音の仕方だけは知っているので、解らない単語があっても、ブラジルの雑誌をポルトガル語で読んでやったら一緒にいたブラジルの連中が驚いた表情をしたので、少し得意でした。

 他のヨーロッパ言語、ドイツ語やロシア語、イタリア語などでは、どうなんでしょう。知っている人がいたら教えてください。
英会話・英語教材トップへ
スポンサーサイト

テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

shit
 shit

日本語でも、しくじった時、舌打ちして言いますね。クソッ! 

 どうやら、

 これは世界共通なようです。

ポルトガル語では bosta(ボスタ) です。
英会話・英語教材トップへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。