英会話・英語教材
英会話・英語教材だけでなく、海外留学、外国旅行、駐在保険、音楽、映画、文学の話題まで、幅広く対応しています。
■送料無料■V.A. CD+DVD■【「ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男」公開記念盤Pre...
ビートルズ/フォー・セール 【CD】マイケル・ジャクソン/スリラー<2001/10/31>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英会話・英語教材トップへ
足の臭い




冬場は洗濯物が乾きにくい。というか水も冷たいし、あまり洗濯をしたくないような感じがする。脱水した服は、部屋の中で、どうしても乾かさなくてはならないようになる。下着類やバスタオルなどは小まめに洗うべきなのであろうが。


それに部屋の中で洗濯物を干すと、一種独特の臭いがする。
これも仕方のないことなのかもしれないが。

気のせいかもしれないが、洗い上がりのソックスが一番、におうような気がする。


そんなこんなで、洗濯をさぼると、顔や手を拭くタオルが足りなかったりする。こういう状況になって始めて洗濯しようかなという気になる。逆に夏場は洗濯が楽しかったりするのであるが。冬場は、どうしても億劫になりがちである。






ところで、我が家では、今年はこたつを出さない様子である。台湾製の黒檀の重いテーブルを片付けてコタツを出すのが年寄りには身体への負荷、特に膝と腰にかかるということもあるかもしれない。

余談かもしれないかが、このテーブルは高かったらしい。

また、コタツの布団に食べこぼしを落としたりなんかしたら不衛生ということもあるかもしれない。

いつぞや味噌汁をこぼしたときは大変だった。春になってからコタツ布団を洗うのも大変である。コインランドリーの一番大きい洗濯機に突っ込んで、約1時間弱回転させる。そして、これを乾燥機にかけるだけでも一仕事で、また料金もそれなりにかかる。確か1000円くらいであったか。


しかし、何よりも1番最大の理由はコタツに足を突っ込むとコタツの中が臭くなるからである。こたつだけならまだしも、部屋の中、全部が臭くなってしまうのだ。

足が臭いヤツが家族にいるのだ。誰が言うとでもなく、今年はこたつを出さないでおこう、という話になった。しかし、冬場にこたつがないと寒くて仕方ない。

コタツがないと、日本の冬ではないようだ。やはり、日本の冬はコタツでミカンである。我が家では飼っていないが、コタツの中に猫がいれば完璧である。

しかし、コタツに、あの男が足を入れると家の中が臭くなってしまう。
何か妙案はないか?と調べてみたところ、この方法が良いらしい。

足の臭いを消す 重曹


英会話・英語教材トップへ
スポンサーサイト

テーマ:生きる力 - ジャンル:学校・教育

| 日記
職業
人はその職業に呼ばれるのだという。であるならば彼は金融の仕事に呼ばれたのであろう。

私は肉体作業に呼ばれたのか。残念ながら私は学生の時、切望したデザインの仕事には呼ばれなかったらしい。

今の私には薄汚れた作業着が似つかわしいのであろうか。かつて、とてもおしゃれだった当時はしのぶべくもない。
現在はブラックな職場で汗を流す毎日である。

参考
ブラック企業 英会話・英語教材トップへ
| 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。