英会話・英語教材
英会話・英語教材だけでなく、海外留学、外国旅行、駐在保険、音楽、映画、文学の話題まで、幅広く対応しています。
■送料無料■V.A. CD+DVD■【「ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男」公開記念盤Pre...
ビートルズ/フォー・セール 【CD】マイケル・ジャクソン/スリラー<2001/10/31>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英会話・英語教材トップへ
copyleft copiyright
copyright は著作権ですね。それに対して最近、知ったのですが、copyleftという概念があるのですね。


コピーレフト (copyleft) とは1984年にフリーソフトウェア財団を設立した
リチャード・ストールマンによって提唱された概念です。これは著作権法(copyright) に対する考え方で、公での引用、改変、内部情報と派生物の再配布を抜け道なく可能にすることを義務づけたライセンスのことです。初めこれはソフトウェアに関するライセンスとしてつくられたのですが、その後、他の著作物にも適用しようという動きがあります。

有名なのが、フリー百科辞典ウィキペディアです。

スゴイですよね。ウイキペデイア、、、

このサイトもウイキペデイアなみの情報を揃えたいものです。

英会話・英語教材トップへ
スポンサーサイト

テーマ:英文法問題・解説 - ジャンル:学校・教育

早口言葉 tongue twisters
tongue twister
日本語では「早口言葉」と訳されています。

ですが、教科書英語的に杓子定規に直訳すると「舌をよじれさせるもの」という意味です。

 日本語で言うところの「言葉を早く言う」という意味の単語はどこにもありません。

 概念、考え方、発想が違うというところでしょうか。

 ナガシマ監督が肉離れを「ミートグッドバイ」と言ったというのは有名な話ですが、このデンで言うと早口言葉は「ファーストワード」と言ったところでしょうか。 英会話・英語教材トップへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。