英会話・英語教材
英会話・英語教材だけでなく、海外留学、外国旅行、駐在保険、音楽、映画、文学の話題まで、幅広く対応しています。
■送料無料■V.A. CD+DVD■【「ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男」公開記念盤Pre...
ビートルズ/フォー・セール 【CD】マイケル・ジャクソン/スリラー<2001/10/31>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英会話・英語教材トップへ
access is power George”W(dubya)
access is power

George Walker Bush アメリカ合衆国 第43代大統領

この access is powerは、若き日のジョージ・ダビア(dubya)ブッシュが言い放った言葉です。確かテキサス時代だったように記憶しています。(マイケル・ムーア監督の映像作品に詳細。)

 米国では、父親のブッシュ元大統領と区別するため、ミドルネームを表す「W」(テキサス訛りでダビヤと発音されます)や、第43代大統領であることから「43(フォーティスリー)」と呼ばれることもあります。


 さて、この場合のaccessは、どういう意味でしょうか?

 私の手持ちの英和辞典では、@接近、@近づき @面接、、、などと記載されていますが、どうにも、しっくり来ません。

 この場合のaccessはコネ、あるいは癒着と訳すべき性質のものです。

癒着は力だ、と言い切ってしまう大統領、空恐ろしいものを感じるのは私だけでしょうか。





スポンサーサイト
英会話・英語教材トップへ

テーマ:情報の後ろにある真実 - ジャンル:政治・経済


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。