英会話・英語教材
英会話・英語教材だけでなく、海外留学、外国旅行、駐在保険、音楽、映画、文学の話題まで、幅広く対応しています。
■送料無料■V.A. CD+DVD■【「ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男」公開記念盤Pre...
ビートルズ/フォー・セール 【CD】マイケル・ジャクソン/スリラー<2001/10/31>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英会話・英語教材トップへ
マライア・キャリー Mariah Carey
ベネズエラ系の父(白人と黒人の混血)とアイルランド系の母(白人のクオーター)の間に3人兄弟の末っ子として、ニューヨーク州ロングアイランドに生まれ人種差別に耐えながら幼少期を過ごした。音楽はブラックミュージックを基盤としている。
マライア・キャリー/チャームブレスレット
ハイスクール卒業後、マンハッタンへ。ウェイトレスなどをしながらチャンスを待っていた。その後、ブレンダ・K・スターのバックコーラスとなり、ブレンダ・K・スターにつれられて訪れたパーティー会場でCBSレコード(コロンビアレーベル、現:ソニーBMG・ミュージックエンタテインメント)のトミー・モトーラ社長へブレンダ・K・スターがデモテープを渡したことがきっかけとなり1990年に"Vision Of Love"でデビュー。(しかし、ブレンダ・K・スターは現在「マライアが成功できたのは私のおかげなのに、恩知らず」などと発言しているもののマライア自身は資金援助などもしており「あの頃すでにワーナーとも契約を結びそうだったのよ」と反発している。)このシンデレラストーリーとデビュー直前にNBAs All Starで「America the Beautiful」を熱唱し話題になったことから大ブレイクした。なおモトーラとは1993年に結婚したが、音楽的主観の違いや極度に制限を言いつけるファッション(スカートやパンツはロングじゃないとダメなど)にマライアが嫌気がさし1997年に離婚している。そのため、離婚後はあのような半露出狂状態となった。

デビュー当時から7オクターブの声域を持つ歌姫と言われている(実際は5オクターブとも言われている)。 声域をいっぱいにまで使った曲はデビューから数年によく見られる。最も高い声を出す人としてギネスに認定されている。アルバム「Music Box」(1993年)、「Daydream」(1995年)は全世界で各2000万枚を超える大ヒットとなった。Boyz II Menとのデュエット曲「One Sweet Day」は1995年から1996年にかけてビルボードのHOT 100で16週連続No.1を獲得。この最長記録は2006年5月現在も破られていない。

それまでライブを行うことは稀で、「生では歌えない」「パフォーマンス能力がない」などと揶揄されることもあった。「Daydream」リリース後に初のワールドツアーを行うが、皮肉にもその頃からヴォーカルの精彩は失われていった。
マライア・キャリー/グレイテスト・ヒッツ

1997年のアルバム「Butterfly」では、張りのあるヴォーカルよりも鼻歌のようなコーラスやフェイクが目立つようになる。音楽的にはそれまでのアダルトコンテンポラリーから、多くのラッパーを起用したヒップホップ系に大きくシフトした。またPVやステージパフォーマンスで、胸を強調した(豊胸手術したものと言われる)セクシーな衣装・表現が増え、これらがファン離れを招く原因となった。この傾向は後の作品でますます強くなっていく。


1999年のアルバム「Rainbow」を最後にSony Musicを離れEMI傘下のVirgin Recordsに移籍。史上最高クラスの8000万ドルもの契約金が話題となった。しかし精神的・肉体的にトラブルを抱え、2001年にはテレビの生放送番組でストリップまがいのパフォーマンスをして顰蹙を買う。

同年、半自伝的な初主演映画「Glitter」が公開されるが、興業的には大失敗に終わる。そのサウンドトラックアルバムは発売前の評判は良かったものの映画の失敗、多すぎるゴシップや発売日(9月11日)がアメリカ同時多発テロ事件と重なったなどの不運もあり、低調なセールスに終わった。結局EMIからはこの1作だけで契約を打ち切られ、「リストラの一環」という不名誉な話題となった。しかし、契約打ち切り金として30億ドル支払われ一瞬での最多報酬としてギネスブックに掲載されている。(日本では契約の関係上「Glitter」もソニーから発売され、東芝EMIからは1枚もリリースされていない。)同曲のサウンドトラックからシングルカットされた「Loverboy」はビルボードのシングルセールスチャートで年間No.1を獲得している。

ほどなくしてIsland/Def Jam Music Group(ユニバーサルミュージック傘下)とレコード契約を結び、2002年にアルバム「Charmbracelet」をリリースした。同年12月にプロモーション来日している。

そして2005年、最新アルバム「The Emancipation Of Mimi」を発表。ファーストシングルの「It's Like That」がヒットし、同年4月12日はアメリカ・ABCテレビの朝の情報番組GOOD MORNING AMERICAへの出演を果たした。セカンドシングル「We Belong Together」が通算14週1位を獲得、サードシングル「Shake It Off」も最高2位(10月1日付)とヒット。アルバムは全世界で1000万枚のヒットとなり、「Return Of Voice」と形容されるほどの劇的な復活を遂げた。9月には第33回アメリカン・ミュージック・アウォーズで「POP/ROCK Favorite Female Artist」、「POP/ROCK Favorite Album『MIMI』」、「SOUL/RHYTHM & BLUES Favorite Female Artist」、「SOUL/RHYTHM & BLUES Favorite Album『MIMI』」の4部門で最多ノミネートした。11月には同アルバムに新曲やDVDを加えた「Ultra Platinum Edition」を発売した(日本では2006年1月に国内盤を発売)。また最多ノミネートした第33回アメリカン・ミュージック・アウォーズでは、オープニングで新曲「Don't Forget About Us」を披露し、「SOUL/RHYTHM & BLUES Favorite Female Artist」を受賞。そして第48回グラミー賞で「Record Of The Year」、「Album Of The Year」、「Song Of The Year」の主要3部門をはじめ8部門で最多ノミネートした。そのほか世界中で数多くの賞にノミネートし受賞した。12月31日付で4thシングル「Don't Forget About Us」が1位(2005年、2枚のシングルを全米No.1にした唯一のアーティストとなった)となり、2006年1月7日付けで2週連続1位獲得した。そして2月9日にL.A.のStaples Centerで開催された第48回グラミー賞授賞式で「Best R&B Song『We Belong Together』」、「Best Contemporary R&B Album『MIMI』」、「Best Female R&B Vocal Performance『We Belong Together』」の3部門を受賞し、「We Belong Together」と「Fly Like A Bird」を披露した。

スポンサーサイト
英会話・英語教材トップへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。