英会話・英語教材
英会話・英語教材だけでなく、海外留学、外国旅行、駐在保険、音楽、映画、文学の話題まで、幅広く対応しています。
■送料無料■V.A. CD+DVD■【「ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男」公開記念盤Pre...
ビートルズ/フォー・セール 【CD】マイケル・ジャクソン/スリラー<2001/10/31>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英会話・英語教材トップへ
エデイ・マーフィーのエスニックジョーク
 昔、エデイ・マーフィのトークライブでミュージシャンはお笑い芸人よりモテる、というのがありました。そのときのネタで、ミック・ジャガーのクチビルは黒人よりも分厚い、でもミュージシャンだからモテル、、、というのがありました。

 エデイは散々、黒人のクチビルや、黒人のアソコはデカイ。それにヒキカエ、中国人のアソコは小さい、アラブ人の言語、アラビア語は痰を吐き出すように発音する、とエスニックジョークを連発しました。

 そして、ひとしきり、アラビア語をくさした後、「俺が憧れるのは、やっぱりフランス語だ」というのです。あのマロヤカな発音がたまらねえ、みたいなことを言いました。

 フランス料理に代表されるフランス文化は、憧れの対象なのでしょう。

 逆に言えばフランス人は他の国の人間に対して人種的優越感を抱いているということです。

 ダダのスタイルで有名なアーティスト、フランス人、マルセル・デュシャンの作品に、「パリの空気」というものが、あります。薬局で買ってきた、生理食塩水の中身を抜いて空気を詰めただけのものです。

 どうだ!!  新大陸アメリカの連中よ。これがパリの空気だ。と言わんばかりの作品です。余談ですが、映画監督、ゴダールの作品で[MADE IN USA」というものが、あります。これも同じ様なコンセプトでしょう。アメリカナイズされていくフランスを苦々しく描いています。


エディ・マーフィー 黒人英語 関連記事

スポンサーサイト
英会話・英語教材トップへ

テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。