英会話・英語教材
英会話・英語教材だけでなく、海外留学、外国旅行、駐在保険、音楽、映画、文学の話題まで、幅広く対応しています。
■送料無料■V.A. CD+DVD■【「ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男」公開記念盤Pre...
ビートルズ/フォー・セール 【CD】マイケル・ジャクソン/スリラー<2001/10/31>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英会話・英語教材トップへ
ワーキングホリデー
ワーキング・ホリデーとは30歳以下の男女、で日本国籍を有するものが、一年以内なら、ワーキングビザなしで、働きながら学べるという制度です。
 現在、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、日本の四カ国がこの制度に参加しています。

 私の友人は、この制度を利用して、カナダのスシ屋でアルバイトをしながら、英語を学んできました。

 日本のすし屋とはだいぶ、勝手が違うそうです。

 映画の「カクテル」をご覧になられたでしょうか。

 あのバーテンダーのように、ビンやお皿を回すとお客が喜び、チップをはずんでくれるそうです。

 彼は面白おかしく、そのときの話をしてくれました。

 彼、曰く、「ワーキングホリデーは若いときしか、使えないぞ」

 現在、日本に英語教師として来ているオーストラリアやニュージーランドの人たちも、ワーキングホリデーの制度を利用している人が、たくさんいます。


 オーストラリアやニュージーランドの人だけに、この制度を利用させておくのは、もったいないでしょう。

 前述の友人は、その後、オーストラリアやヨーロッパを遊学し、現在、アイルランドに定住しています。奥さんもアイルランド人です。

 せっかくの、この制度、日本人も、もっと利用するべきです。

手続き、国選び、迷うこと、分からないこと、たくさんあるでしょう。そんなときは、まずは資料請求から始められては如何でしょう。欲しい情報がきっと見つかるはずです。分からないこと、疑問に思うことは何でも相談しましょう。
スポンサーサイト
英会話・英語教材トップへ

テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。