英会話・英語教材
英会話・英語教材だけでなく、海外留学、外国旅行、駐在保険、音楽、映画、文学の話題まで、幅広く対応しています。
■送料無料■V.A. CD+DVD■【「ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男」公開記念盤Pre...
ビートルズ/フォー・セール 【CD】マイケル・ジャクソン/スリラー<2001/10/31>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英会話・英語教材トップへ
イギリス英語 アメリカ英語
 私が高校生のとき、イギリス人の英語教師がいました。血筋だけは正真正銘のイギリス貴族で、オックスフォード卒でした。授業を受けていて思ったのですが、教科書に書いてある英語(アメリカ英語)とスペル、発音が微妙に違うのです。

either is OK  

neither is ??

 意味は、それぞれ、どちらでも可、両方とも不可、といった意味ですが、アメリカ英語では「イーザー イズ オーケー」なのに対してイギリス英語では「アイザー イズ オーケー(人によってはオーカイと発音する人もいました)」となります。(注 米語においてもアイザー、ナイザーという風に発音する人もいるようです。英語なんてにも書きましたが、要は相手に自分の意思を伝えることの方が大事です)

 下の文章は
 
 (米) ニーザー イズ ??
 (英) ナイザー イズ ??
 
 という発音です。

 また、単語でも映画を意味するのに
 
 アメリカ英語では、movie ですが、
 イギリス英語では、film 

 地下鉄を意味する単語は、
 
 アメリカ英語では、subway に対して、
 イギリス英語では underground railway
 
 因みに地下鉄駅は
 米語では、subway station
 
 英語ではunderground station です。

 
  綴りだって微妙に違います。
 
 PCをカスタマイズするときに センターなんてタグを使いますが、

 アメリカ英語 center
イギリス英語 centre

 アメリカ英語 theater
イギリス英語 theatre

 教科書に書いてある、アメリカ英語に対して、いちいち訂正されるのも、、、、どうなんかな、と思った記憶があります。
スポンサーサイト
英会話・英語教材トップへ

テーマ:学校のコト^o^ - ジャンル:学校・教育

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://eikaiwaeigo.blog66.fc2.com/tb.php/40-6d3eb147
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。