英会話・英語教材
英会話・英語教材だけでなく、海外留学、外国旅行、駐在保険、音楽、映画、文学の話題まで、幅広く対応しています。
■送料無料■V.A. CD+DVD■【「ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男」公開記念盤Pre...
ビートルズ/フォー・セール 【CD】マイケル・ジャクソン/スリラー<2001/10/31>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英会話・英語教材トップへ
黒人英語 スラング
【R&B/Hip?Hop:マ】マイケル・ジャクソンMichael Jackson / Bad (CD) (Aポイント付)
マイケル・ジャクソンのように人種の壁を越えたスターやスパイク・リーのような白人にも受け入れられる映画監督によって、黒人英語の存在は広く知られるようになりました。

 GOODを表すBADは1950年代に黒人ミュージシャンが使い始めたスラングだそうです。

 卑劣な、気分が悪くなるほどヒドイを意味するnastyをカッコいい、素晴らしいという意味で使うようになったのも黒人たちからです。
 Vanity6の曲でnasty girl なんてのもあります。

 以下、代表的なものを挙げてみました。

 asks をaksにする。

 streetをskreetと発音する。

 be動詞の否定形としてain'tを用いる。
 
 動詞の過去形の代わりに、過去分詞を使う。(did→done,went→goneなど。)
 
 基礎動詞のgetを多用する。
 
 副詞のoutを多用する。

 Chill out!(命令形)落ち着け。命令形以外で使うとリラックスするという意味になります。

関連記事 マイケル・ジャクソン BAD FAT
関連記事 黒人英語、エデイ・マーフィー
関連記事 アメリカの音楽産業2
スポンサーサイト
英会話・英語教材トップへ
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://eikaiwaeigo.blog66.fc2.com/tb.php/84-2a4c4c54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。