英会話・英語教材
英会話・英語教材だけでなく、海外留学、外国旅行、駐在保険、音楽、映画、文学の話題まで、幅広く対応しています。
■送料無料■V.A. CD+DVD■【「ブライアン・ジョーンズ ストーンズから消えた男」公開記念盤Pre...
ビートルズ/フォー・セール 【CD】マイケル・ジャクソン/スリラー<2001/10/31>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英会話・英語教材トップへ
黒人英語の成り立ち
 アフリカから拉致されてきた第一世代は、同じ黒人でも部族が違うと言葉が通じないから、ピジン語で話していました。
 ピジン言語(Pidgin languageまたは単にPidgin)とは、外部からきた貿易商人などと現地人との間で異言語間の意思疎通のために自然に作られた混成語(言語学的に言えば接触言語)のことです。一般に英語の“business”が中国語的に発音されて“pidgin”の語源となったとされています。 
 
 そのピジン語を話す世代の子供世代以降が、クレオール言語(黒人英語)
になったという説が有力です。

 今の黒人英語は、クレオール言語。黒人の誇りとして、止めないそうです。

 黒人は自分達の事を「my people」と呼びます。
ただ、黒人以外が黒人に対し「you people」と呼ぶのは差別に繋がります。
これは昔、白人が黒人奴隷に対し「you people」と呼んで差別していたからです。

 大統領選に出馬したロス・ペロ?が黒人の聴衆に向かって「you people」と言ったことが問題になったりもしました。


スポンサーサイト
英会話・英語教材トップへ

テーマ:英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。